エサはこう付けろ!餌の付け方-川釣り入門

川釣りのエサの付け方

海上の船

世界有数の清流の国と言われる日本。
大小様々な川が流れていますので、釣りのスタイルも様々です。

 

川釣りには、大きく分けて2種類のスタイルがあります。

 

一つ目は、上流から中流域の、比較的流れのはやい川での釣り。
二つ目は、中流から下流域の、比較的流れの遅い川での釣り。

 

上流域の流れのはやい川には、素早い魚が暮らしています。
これらの魚を釣る為には、素早いアワセが有効です。

 

一般的なウキ釣りの場合の、餌の付け方を紹介します。
エサは、ブドウ虫や蜂の子、ミミズなど、虫を利用することが一般的です。

 

例えばブドウ虫の場合、お尻から針の曲線に沿わせるように刺します。
針全体をブドウ虫で隠し、針先をちょっとだけ頭から出すことがコツです。

 

下流域の流れの遅い川では、ゆったりとした大型魚が住んでいます。
じっくりと腰を据えるスタイルのウキ釣りが一般的。

 

ヘラブナやコイ釣りの代表的なエサが、団子エサです。
これは、市販の粉エサを練ったもので、団子状に丸めて使います。

 

練り団子で針を隠すように付けるのが一般的です。

 

また、うどんを小さくちぎったものもエサになります。