釣りでのえさの選び方、その代表格をご紹介!

釣りでのえさの選び方

海上の船

練り粉から生き餌まで、釣りえさの種類は魚種ごとに変わってきます。
特にウネウネと動く生き餌は苦手、という人も少なくありません。
釣りは、えさ付けが上手になれば一人前と言われます。

 

ここでは、代表的なえさと、その選び方を紹介します。

 

海釣りで、多くの魚に向く万能えさと言われるのが、虫えさです。
ゴカイ、コガネムシ、青イソメなどが代表的。
ミミズの親戚のような姿で、くねくねとよく動きます。
えさ付けにコツもいりませんので、初心者向けと言えます。

 

エビ類も、釣りえさの代表格の一つ。
オキアミ、アミエビ、サクラエビなどは、価格も手ごろです。
冷凍状態で売っているので、初心者でも扱いやすいものです。

 

川釣りでは、ブドウ虫や蜂の子などの生き餌が効果的。
上流部などでは生き餌が必須と言えます。
川の底に住むヤゴなどの虫を、現地調達して生き餌にすることもあります。

 

釣具屋などで売っている、練り粉などの配合餌もポピュラーです。
水と練り合わせ、団子状にして使います。
川の下流域での釣りに重宝する万能えさと言えます。

 

釣りに慣れてくると、えさの付け方や種類にこだわりがでてきます。
まずは、これらの基本えさを足がかりに、えさを覚えていって下さい。