大海原へ大遠投!投げ釣りのエサの付け方

投げ釣りのエサの付け方

海上の船

大海原に向かって大遠投をする豪快な投げ釣り。
遠くのポイントへ投げる爽快感から、ファンの多いスタイルです。
沖合の魚を引きずり出すのが、たまらなく面白いと言います。

 

投げ釣りに使うエサで、ポピュラーなのは虫エサです。
代表的なのはアオイソメ、ゴカイなどで、普通の磯釣りと変わりません。。
大物狙いのエサには、マムシ、ユムシ、タイムシなどもありますが、高価です。

 

エサの付け方には色々なバリエーションがあります。
初心者向けなのが『ちょんがけ』という方法。
虫の頭の方を刺すだけなので、簡単です。

 

投げ釣りに最も適しているのが『ぬいさし』という方法。
その名の通り、縫い物のように虫を釣り針に縫いつけます。
エサが針から外れにくいので、遠投でも安心です。
ただし、アオイソメなどの小さな虫は、すぐに弱って死んでしまいます。
マムシなどの固くて大きな虫に適しています。

 

エサにエビ使う場合は『尾掛け』という方法もあります。
エビ版のちょんがけで、尻尾の先に針を刺すだけでOK。
針を刺す場合は、腹側から背中側へ貫通させるようにしてください。
この方が、エビの動きがよくなります。