自作のルアーをつやつやに塗り上げる塗料とは!?

自作のルアーをつやつやに塗り上げる塗料

海上の船

釣り好きが高じて、ルアーを自作している人がたくさんいます。
材質はバルサなどの木材が一般的です。

 

ハードルアーと言えば、あのつやつやの塗装が魅力ですよね?
美しく塗り上げないと、魚へのアピール力もありません。
どんな塗料を、どうやって塗っているのでしょう?

 

ルアーへの着色には、下塗りと本塗り、仕上げの3段階があります。

 

下塗りは、木材をコーティングし、本塗りの土台を作る目的で行います。
美しく完成させるには、この下塗りが肝心です。
簡単に済ませる場合は、白かシルバーの塗料を直接塗る方法でもOK。
塗って乾かすことを、木目が見えなくなるまで繰り返せば完了です。

 

もっと本格的な下地作りでは、次の5種類が利用されます。
・セルロースセメント
・ウレタン製コーティング剤
・クリアーラッカー
・プラサフ(特殊な下地用塗料)
・エポキシ樹脂
これらを使う際には、うすめ液やラッカーなどが、混合用に必要な場合もあります。

 

本塗りは、ラッカーなどを、筆で自由に塗って下さい。
カラースプレーやエアブラシを使うと、グラデーションも描けます。
重ね塗りをする際は、1色ごとによく乾燥させてからにして下さい。

 

塗り終わったら、最後の仕上げとして、透明ラッカーを塗って完成です。