大事なルアーがひび割れ!でも、修理できるんです!

ひび割れしたルアーの修理方法

海上の船

ハードルアーをキャストしてたら、護岸にぶつけてヒビが入った…
よく聞くお話ですよね。

 

ルアーの中には高価なものもありますので、修理したい気持ちはよく解ります。
ここでは、個人で可能な修理方法について、ご紹介いたします。

 

小さなひび割れ程度であれば、エポキシ系接着剤で修理可能です。

 

他に、瞬間接着剤と、瞬間接着剤用硬化促進剤を使う方法もあります。
ます、ルアーのキズ口に、瞬間接着剤を多めに塗布します。
次に、硬化促進剤を少量吹きつけます。
接着剤は数秒でかたまり、硬度を備えたコーティングが完成します。

 

ちょっと欠けた程度であれば、造形補修剤が使えます。
硬化するとプラスチック状になる補修材で、欠損部を再生させることができます。

 

ヒビ穴が大きい場合、あるいは、欠けてしまった場合は、パテで埋める方法もあります。
ただし、ルアーのバランスが崩れると、うまく泳がなくなることもあります。
バランスを見つつ、パテを削り取るなど、微調整が必要です。

 

空いた穴の破片があれば、それを接着剤で埋め戻すのがベターな修理法です。