ルアーを手作りしてみたい!どんな材料を揃えればいいの?

ルアーを手作りするときの材料は?

海上の船

市販のルアーでは物足らなくなった人がのめり込む、ハンドメイドルアーの世界。
自作ルアーで釣りあげた時の感動は、市販のものとは比べ物にならないと言います。

 

実際、ルアーを手作りする場合には、どんな材料が必要なのでしょうか?

 

ルアー本体の材料には、木材を使用することが一般的です。
軽いバルサ材や、アガチス材がその代表です。

 

木材は水に浮きますので、そのままでは使えません。
浮力を調整するためのオモリが必要です。
オモリは金属片を埋め込んで使います。

 

ボディに金属感を出すために、アルミホイルを貼る場合もあります。
ルアーの種類によっては、ステンレス硬線も必要です、

 

その他、ルアーの型どり用の厚紙、着色用の各種塗料、接着剤などが要ります。

 

材料以外にも、ペンチやカッターナイフなどの工具類が必要になります。
大型のものでは、ルアー固定用のバイス(万力)、塗装用のコンプレッサーが必要です。

 

どうですか、あれこれと結構必要でしょう?
自作は安上がりと思われがちですが、案外リッチなホビーなんです。
それでも、完成時の達成感は市販品では味わえないため、愛好者が多いわけです。

 

最後に、ハンドメイドの際には、薬剤や粉じんなどに悩まされます。
防塵マスクや手袋など、健康を守るための準備も、お忘れなく。