遠くに軽いルアーを飛ばす、その驚きの技術とは!?

遠くに軽いルアーを飛ばすコツ

海上の船

釣りのキャストは、そのほとんどが遠心力を利用しています。
その為、重さがある方が遠くへ飛ぶ道理です。

 

投げ釣りで、重量のあるオモリを付けるのは、飛距離を出すためです。

 

にもかかわらず、軽いルアーを遠くへ飛ばしたい要望もよく聞きます。
軽いんだから飛距離が出るわけはなく、矛盾した要望のように思います。

 

しかし、そこはそれ各メーカーもアイデアを絞っているのです。
軽いルアーを飛ばす方法を、日夜開発中です。

 

よく見られるのは『重心移動システム』を組み込んだルアーです。

 

ルアー本体の中に、移動式の小さなオモリが仕込まれています。
キャストの際はお尻の方に移動し、遠心力で飛んでゆきます。
着水すると定位置に戻り、ルアー本体の重心を保つ役割を担います。

 

お尻から飛ぶことで、空気抵抗を最小限に抑え、オモリで飛距離はアップするのです。

 

こうしたルアーを使うことで、軽くても飛距離を稼ぐことはできます。

 

とにかく遠くへ飛ばすなら、オーバースローで思い切り投げて下さい。
ストラクチャーの下などは、サイド、アンダーキャストも有効です。
軽くても、遠くへ確実に飛ばす為には、本人の正確なキャスティングがなにより必要です。