海上釣堀の持ち物には大型クーラー必携!その理由は!?

海上釣堀には大型クーラーボックスを忘れずに

海上の船

海上釣堀は、海の上に浮かべた生け簀です。
陸から歩いて渡れることもありますが、船で移動するケースも多く見られます。
一度現場に向かったら、釣り終えるまで戻れないと考えてください。

 

その為、忘れ物をすると取り返しがつきません。
釣堀へ向かう前に、持ち物一式の再確認は必須です。

 

釣堀では、複数種類のエサを売ってくれます。
もちろん、自前で工夫したエサを準備しておいてもかまいません。

 

小物から大物まで、魚種によってエサも変わってきます。
どんなエサの食いつきが良いか、その場で確認するのがベターです。
食いつきの程度は日々変化しますので、複数持ち込む方が得策です。

 

釣り竿は、ターゲットにあわせて数本準備します。
底狙いの中小物用、中層狙いの中小物用、青物狙いの大型用と3本あればグッド。
3.5m前後の長さが抵当で、長すぎると扱い辛いと覚えてください。

 

最後に、クーラーボックスは必携です。
一般の磯釣りに比べ、釣堀では驚くほどたくさんの魚が釣れます。
『お土産』は保障されたようなものです。
できれば50L以上の大型サイズを用意してください。

 

なお、釣堀によっては道具レンタルをしてくれる場所もあります。
予約の際にお問い合わせください。