潮目が良ければ爆釣可能!メバルの釣り方-サビキ釣り!

潮目が良ければ爆釣可能!メバルの釣り方

海上の船

春告げ魚とも言われるメバル。
その名の通り、両眼が大きく飛び出しているのが特徴の魚です。
海岸近くの岩場に群れで生息しています。

 

メバルの釣り方の代表的なものの一つに、サビキ釣りがあります。

 

サビキ釣りはまず、仕掛けのカゴに、集魚用のアミエビなどを入れます。
このニオイにつられて、メバルが集まるわけです。

 

カゴの下には、アミエビに似た擬餌針がいくつも並んでいます。
メバルはこれをエビと勘違いして、食いつくわけです。

 

メバルは、群れで生息しているため、集団が同じ行動をする傾向があります。
その為、一旦食いつくと、その後入れ食いになることがあります。

 

針を引き上げると、何匹ものメバルが鈴なりにぶら下がっていた。
なんてことも、よく見られる光景です。

 

釣果の良し悪しは、潮目に影響されます。
潮の流れが悪いと、まったく釣れないこともあります。
その一方、流れが良くなると、一気に爆釣タイムへと突入します。

 

生き餌を使わないので、女性や子供でも簡単に楽しめます。

 

なお、メバルには鋭い棘は生えています。
東北地方などの一部地域には、弱いながらも毒を持つ種類もいるとか。
念のため、タオルや手袋を使うようにして下さい。