「ズボラ釣り」が語源!?海上釣堀で底狙いの定番ズボ釣りとは?

海上釣堀で底狙いの定番ズボ釣りとは?

海上の船

海上釣堀で、ウキ釣りと並んで楽しまれているのが『ズボ釣り』というスタイルです。

 

ウキを使わない方法なので、ウキによる『アタリ』の視覚確認ができません。
その為、竿の穂先の動きや、手に伝わる感覚で『アタリ』をとることになります。
柔らかい敏感な穂先の竿であれば、穂先での視覚確認も可能です。

 

ウキ釣りは、広く中層全体を狙うのに適した方法です。
その一方で、ウキが邪魔をしてタナや底を探りづらいものです。

 

このズボ釣りは、エサをストレートに落とせますので、底を狙いやすいというわけです。
魚がスレて釣果に伸び悩む日中、生け簀の底を狙う際に効果を発揮します。

 

1メートルごとに印が入っている釣堀用の道糸もあります。
こういった糸を活用することで、より繊細なタナ合わせが可能となります。

 

釣り竿を何本も並べて、ぼんやりと置き釣りをする姿から「ズボラ釣り」の語源があるとも言われます。
海上釣堀では、竿は1本しか出せない場所が多いことから、決してスボラ釣りではありません。

 

釣りのスタイルの一つとして、楽しんで下さい。