シンプルで奥が深い海上釣堀の名人芸、さぐり釣りとは!?

海上釣堀の名人芸、さぐり釣り

海上の船

ズボ釣りスタイルの釣りの別名で、ミャク釣りとも言い換えられます。
その名の通り、海上釣堀の生け簀の底を探る釣り方です。

 

ウキを使いませんので、アタリは穂先の動きか手の感覚で探ります。
医師が『脈を測る』ようにするので、ミャク釣りという名があるとも言います。

 

竿先がのびる円弧の範囲で糸を垂らし、丁寧に底を探ってゆきます。
より敏感な探りをする方は、オモリをつけないケースもあるようです。

 

ウキ釣りに比べて『探り』をしやすいことが特徴です。
中層から生け簀の底まで、徐々に落とし込んでゆくことも比較的容易です。

 

アワセはウキ釣りと同様に遅アワセが基本です。
穂先が完全に突き刺さった瞬間が、アワセの一般的なタイミングです。

 

メーカーからは、探り釣り用の竿、というものも売られています。
概ね、竿先を柔らかく敏感にしてあることが特徴です。

 

仕掛けもシンプル、操作も容易で奥が深い、というのが、さぐり釣りであります。
ウキ釣りで釣果が途絶えた日中に、ぜひお試しください。