青物はこれで釣れ!仕掛けと釣り竿のイロハのイ!

青物はこれで釣れ!仕掛けと釣り竿

海上の船

海上釣堀の花形、ブリ、メジロ、カンパチなど大型魚、青物。

 

青物は他の魚とは別格の、強い引きが特徴です。
真鯛やシマアジと同じ3号程度の釣り竿や仕掛けでは、バラシの危険もあります。
何度もバラすと、釣堀の活性を下げる事もあります。
また、暴れられすぎることは、他の釣り客の迷惑にもなします。

 

青物狙いの釣り竿は、通常より一回りゴツいものを選ぶようにします。
磯竿だと号数で4号程度、船竿だと50号程度を選ぶのがベターです。
また、長さは取り回しがしやすい3.5m程度のものにして下さい。

 

ウキはなるべく感動が良いものを選び、先だけが水面から出るように、浮力調整をします。
準備ができたら、試しに投げ入れてみて下さい。
ウキの動きはスムーズか、ハリスは絡まずに沈んでゆくか、確認をします。
オモリは、2号までの鉛なら、サルカンの際とハリスに分配して打って下さい。
その他は特に必要ありません。
せきるだけシンプルな仕掛けにするようにして下さい。

 

釣堀では大抵、釣りの最中に釣魚の放流をする時間帯があります。
生け簀の活性を上げる意味もありますが、なにより釣り客へのサービスの一環です。
青物が放流された直後が、青物釣りのチャンスだと覚えてください。